羽曳野市では、歴史ある旧浅野家住宅の建物と敷地を、新たな観光・交流の拠点として再生・利活用に向けた調査や運営方針等について検討を行っています。

旧浅野家住宅

main

世界遺産及び日本遺産に近接し、築100年を超える旧浅野家住宅。
旧浅野家住宅は、江戸時代より油絞業が営まれ、明治時代に酒造業に転じるため酒蔵の建築
が行われています。時代とともに増改築が行われていますが、主屋や長屋門等については、江
戸時代の伝統的な造りが残っています。
当時の建築技術で建てられた古くからの建築物は、当時から現在までにわたり、この地域の
景観を構成する上で非常に重要な要素となっています。
※油絞業・・・菜種・綿実などから搾油すること
その割には製油屋さんなどは残っていないんですね~φ(.. )


事業者公募

旧浅野家住宅は、世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の白鳥陵古墳と峯ヶ塚古墳の間にあり、敷地沿いには、日本遺産の竹内街道がとおる歴史と文化が交わる地域に位置します。

この歴史ある建物・敷地を利活用を通し地域の活性化に取り組んでいただける事業者の公募をいたします。公募に際しての諸条件の整理を目的に、民間事業者の皆様の自由なアイデアやノウハウ、参入意向または参入する上でのご意見などをお聞きするサウンディング型市場調査を実施します。

ぜひご参加いただきますようお願いいたします。

mainsub1

日本遺産竹内街道に面した長屋門       江戸時代に建築された主屋

sub2sub3
ミセ東(外観)               
主屋(玄関・土間の天井)

sub4
施設整備イメージパース図

sub5
整備エリア 配置図

■調査対象地
旧浅野家住宅
[住所]大阪府羽曳野市軽里3丁目6番5号
[敷地面積]2637.17㎡

■スケジュール(※状況により変更になる場合があります)
現地見学会・説明会(参加申込期限)
令和6年1月15日(金)

現地見学会・説明会
令和6年1月22日(月)・23日(火)

サウンディングの参加申込期限
令和6年1月31日(水)

提案書提出の期限
令和6年2月19日(月)

サウンディングの実施
令和6年2月27日(火)・28日(水)・29日(木)

※詳しくは、市ウェブサイトかサウンディング型市場調査実施要領をご覧ください。

■対象者
事業実施に関心のある法人または法人のグループ
※法人のグループで応募される場合は、代表企業を定めてください。

■主なサウンディングの項目
  1. 基本コンセプト
  2. 提案する事業の概要
  3. 現実するにあたっての課題や留意事項
  4. 羽曳野市と民間事業者との役割・リスク分担に関する提案
  5. その他、事業収支計画やアピールしたい内容、補足事項など
■調査実施方法など
詳しくは、羽曳野市ウェブサイトをご覧ください。
https://www.city.habikino.lg.jp/soshiki/toshimiryoku/miryoku/kyuasanokejutaku_proposal/14440.html

■お問い合わせ先
羽曳野市役所 都市魅力部 魅力づくり推進課
[住所]〒583-8585  大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
[電話]072-958-1111(内線2731) [ファクス]072-950-2055
[電子メール]miryoku@city.habikino.lg.jp





フォローしてね


▼▼▼クリック励みになります!▼▼▼

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキング

食べログ グルメブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック